メニュー

結婚相談所とお見合いパーティーの違い 相談所目線での考察 7

東京23区出張面談可 お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・面談予約 LINE登録でお気軽相談 講演・コンサル依頼

結婚相談所・ニコっとMarriage(まりっじ)

東京23区出張面談可 お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・面談予約 LINE登録でお気軽相談 講演・コンサル依頼

公式ブログ

結婚相談所とお見合いパーティーの違い 相談所目線での考察 7

カテゴリ: 相談所とパーティの違い 作成日:2017年09月11日(月)

・お見合いパーティーで結婚相手を見つけ

・結婚相談所の所長をやっている私が

その両方の実体験から「結局違いはナニ? (*´▽`*)」について考察をしている本シリーズの第7弾です。

 

前回は、「お見合いパーティー」と「結婚相談所」というネーミングの違いから、「お見合いパーティー」にはどうしても「結婚に対してライトな層」がやってくる。と言うお話を致しました。

 

「じゃあ、ライトな層」だと、どういう風に結婚が遠のいてしまうの?「結婚」相談所、と名の付くところに入っている人とは何が違うの? (´・ω・`) というところに焦点をあてて話を進めて行きたいと思います。

 

 

 

●結論 どんどん出会いに淡泊になってしまう

 

何となく皆さんの予想通りのお話をしているようで、書いている側としては「盛り上がり」も無ければ「オチ」もなくないか、、?(´・ω・`) と心配至極な状況なのですけれど、でも「要するに」そういうことなんですよね。

 

良くも悪くも「お気軽・お手軽に婚活をしたい」というライトな層を集めているお見合いパーティーの性質上、出会いやお相手との関係構築においても「ライト」になってしまう。もっと表現をストレートにすれば、「いつでもお気軽・お手軽にお相手との関係を絶ち切っちゃう」ということになってしまうのです。

 

でも、どうしてそうも出会いに対して「淡泊」に、すなわち「お気軽・お手軽に相手を切っちゃう」ようになってしまうのか。その要因・カラクリについて、更に考えてみようと思います。

 

だってこのまま終わったら「どんだけ短い記事やねん! ( `―´)ノ 」になってしまいますし。(;^ω^)()

 

 

 

●そもそも支払っている金額が違う

 

お見合いパーティーは男性でも数千円、女性だと割引とかを駆使すれば「無料(マジで無料)」で参加できたりします。一方で結婚相談所では「よっこらせ (*´▽`*)」と入会するだけでも数万円。強気の値段設定をしている結婚相談所でればそれこそ「うん十万円」のお値段を支払うことになります。改めて思うけど、結婚相談所って安くないよね()←笑ってる場合かとのツッコミはヤメテネ(*´▽`*)

 

でね。人間のサガと言いますか、「払った分はモトとらにゃ (`・ω・´)b」なワケなんですよ。(*´▽`*)

お見合いパーティーではいわゆる「痛手」が少ない(結婚相談所と比べたらほとんど無いと言ってもいいくらいに)ので、そこはやっぱりどうしても「まぁいっか。別に大した金額払ったワケじゃないし (*´▽`*)」となりがちです。

 

一方で結婚相談所。

それだけの金額を支払ってでも「結婚したいんだ!(`・ω・´)b」という方が集まっているということになります。良くも悪くも「真剣」になりますよね? 何十万円も支払っているのに「ダメだったポン (*´▽`*)」なんて聞きたくもありません。当然、「絶対結婚相手を見つけよう!(`・ω・´)」となって、自然、活動が真剣になっていきます。

 

ちなみにこういう風に思いませんか?

「ていうことは、結婚相談所に入っている人って【ガッついてる人たち】なんじゃないの? (´・ω・`)」と。

 

一概に否定はしません。

但し、結婚相談所には仲人がいます。この仲人が、いい意味でそういう「入れ込み感のある方」には「どうどう (´・ω・`)」と抑えに入りますので、これが意外にも(と言ったら中にいる人間としてアレですが (;^ω^) )そういう「がっつきクン、がっつきさん」とはお目に掛かりません。私自身も不思議に思うくらい、いい意味で真剣、前向きな方が多いな、という印象です。

 

今や世に言う「草食系」と呼ばれる方が増えているそうですから、

・お見合いパーティー ⇒ ライトな層 ⇒ もうちょっと真剣になろうよ (*´▽`*)

・結婚相談所 ⇒ 真面目な層 ⇒ やっと前向き・真剣に婚活するようになったか (*´▽`*)

くらいのレベル感なのかもしれませんね。バブル時代の結婚相談所とかだったらスゴかったんじゃないかな。(;^ω^)()

 

 

 

●参加するうえでの手間暇が違う

 

お見合いパーティーはそれこそ当日の10分前電話1本で参加することも可能です。私もよくやりました。私はお酒が飲めませんので、「あ~なんか飲みてぇ (´・ω・`)」ということはありませんでしたが、「あ~なんかパーティー行きてぇ (´・ω・`)」は人生で何度経験したか数えられません

 

結婚相談所はそうは行きません。

そもそも「あ~結婚相談所行きてぇ (´・ω・`)」なんていう表現は世の中に存在しないだろうくらいにレアな話ですし、本当に結婚相談所で婚活しようと思ったらあれこれと「準備書類」を用意しなければならないですし、対面契約が原則ですのでそもそも1回は現地に行って契約書面の取り交わしをしなければなりませんし、まぁとにかく「お見合いパーティーと比べても手間暇のかかる量が膨大」です。

 

でもこれも逆説的に考えれば、

それだけ面倒な手間暇をかけてでも「結婚相談所で婚活したいんだ!(`・ω・´)b」という方々の集まり、というセグメントができますので、そりゃこの中にいる人たちは「結婚したる!(`・ω・´)b」と前向きです。

 

だって既にいろ~んな面倒ごとをやり遂げてやっとこさ「婚活」しているんだもん。電話1本でやってきた方とは「真剣味」が違うのは自明です。この点においても「前向きさ」というものが変わってきます。

 

 

 

●出会える人数も違う

 

これがやっぱり「最大の要因」かもしれません。

 

お見合いパーティーでは

・お気軽・お手軽に参加できる上に

・行けば15-20名位の異性と出会う

ことができます。こんなに簡単に、これだけ多くの異性と出会えるサービスなんて他に思いつきません

 

いわゆる「出会いの時間効率」を考えた時に、最高のパフォーマンスを発揮できるサービスだとそれこそ「確信」しています。だってパーティーの1時間半で15人と出会えるんですよ?神でしょ。そのサービス。(;^ω^)()

 

結婚相談所のお見合いではそうも行きません。だってお見合い1回で1時間くらいはかかるから。ある程度現実的に可能な中で、最大最高にお見合いをやろうと思っても1カ月で15回(人)が限界だと思います。これ限界値で言ってるので、実際やったら予定は「カッツカツ」になりますけど、理論上可能な値としてはこのあたりかなと。

 

お見合いパーティーであれば、本気になれば週4回くらい余裕でイケます。とすると4週間で16回行けるわけです。とすると「16回 × 20名 = 320名!!」 実にこれだけの人数とお会いできることになります。最高だ。あんた最高だぜお見合いパーティー!!(∩´∀`)

 

でもね。もうこの先のお話はほぼ要らないと思っているのだけれど、そんなに会えちゃったら、そりゃあ「1つ1つのお出会いに本気度が下がってくる」のは仕方のないことじゃない?(;^ω^)()

 

しかも、こっちも320名出会えるとするならば、相手の異性もその気になれば320名とお出会いすることが可能なわけでして、お互いがお互いに「それだけの人数」お出会いをしていれば、それはまぁ「1つ1つに淡泊」になっても致し方のない状況なのかな、とも思います。ダメだったらさっさと次の人に会いに行こう、って思考になってしまいますよね。しかもその思考を止めてくれる誰かがいるわけでもないですし。。(;^ω^)()

 

 

 

 

などなど。

種々色々と考察をしてきましたが、これら理由から

・お見合いパーティーは良くも悪くも「お気軽・お手軽」なライトな層

・結婚相談所は良くも悪くも「結婚に真剣」なヘビー(?)な層

という棲み分けができているのであります。

 

なのでこのシリーズの初回に申し上げました通り、

恋がしたいなら パーティーに行きましょう

結婚がしたいなら 相談所に行きましょう

という結論になるのです。

 

パーティーと結婚相談所、どっちがイイという議論なのではありません

ご自身のニーズに合わせて、活用するサービスを選んでいきましょう、というお話です。

 

 

 

次回、お見合いパーティーと結婚相談所との最後の比較を行い、本シリーズの締めに入りたいと思います。

 

結婚相談所・ニコっとMarriage(まりっじ) 本気で成婚したい方へ 日本一成婚にこだわる結婚相談所
お問い合わせだけでも大歓迎 ご相談はこちら お問い合わせ・面談予約 LINE登録でお気軽相談 講演・コンサル依頼
結婚相談所・ニコっとMarriage(まりっじ) 本気で成婚したい方へ 日本一成婚にこだわる結婚相談所

お問い合わせだけでも大歓迎 ご相談はこちら

お問い合わせ・面談予約 LINE登録でお気軽相談 講演・コンサル依頼
tel:03-6869-7323 お問い合わせ・面談予約 LINE登録でお気軽相談 講演・コンサル依頼